2年間のフォワード実績が証明する、通貨リスク分散型EA


『MB-Trading System』 


     


fx-onによる2年間運用で安定収益を実証済み!!!
MB-TradingSystem
MB-TradingSystem | fx-on.com





fx-onシストレランキング

2年間のフォワードEA中、”右肩上昇中”&”コツコツタイプ”堂々の「1位」!

フォワード全期間中”右肩上昇中”「第4位」!


ドローダウンが小さく毎日コツコツ稼いでくれ、「ドカン」が無い安定したEAです。


フォワード期間2年間という長期の生きたデータから、詳しくEAの特徴を見ていきましょう!




【MB-Trading System概要】

・EURUSD、USDJPY、GBPUSD、AUDUSD、NZDUSDの5通貨を

 1時間足で同時運用させるポートフォリオ型EA

・最大保有ポジション 5

・年間トレード回数700回以上、月平均58回以上、1日2.9回のトレード回数

・複利機能つき (フォワードは単利運用)


【バージョンアップの経緯】

2015.01.01〜2016.11.3 0.1ロット固定運用

2016.11.4〜 V1.3にアップデート、0.5ロット固定運用に変更

2016年11月以降急激に損益チャートが激増しているように見えるのはそのせいです。


見やすいように、V1.3とそれ以前でフォワードデータを分けて見てみましょう。


【フォワードデータ 2015.01.01-2016.11.03】


0.1ロット固定で約2年間で2000Pips 

年間1000Pipsの利益になります。0.1Lotであればドローダウン6万円のリスクで10万円の利益、0.5ロットであればドローダウン30万円のリスクで50万円の利益になる計算です。



【フォワードデータ2016.11.4-2017.01.20 V1.3】


V1.3はフォワード計測2ヶ月と短いですが、注目していただきたいのはProfit Factorが1.19→1.5になっていることです。これは平均利益額が以前のバージョンよりも増えたということです。

今後はもっと良い右肩上がりが望めそうですね!

それから0.5Lot固定にしても最大ドローダウンが85219円と小さいのに、2ヶ月で25万円の利益になっているのが素晴らしいですね。



■月別利益



2015年2月に4万円ほどのマイナスになっていますが、それ以外の月は平均して100pips〜300Pipsを獲得しています。




■複数通貨ペアによるリスクヘッジとは


MB-Trading Systemの特徴として、複数通貨で運用することが挙げられます。

実際は5つの通貨ペアそれぞれにEAを設置して5つのEAを稼働させるイメージです。

丁寧なマニュアルがついていますので、設置の手順の不安は問題ありませんでした。




以下は2年間のフォワードデータから見た各通貨ペア毎の損益グラフです。


太い青色:口座の損益グラフです。初期の数ヶ月停滞していましたが、その後は順調に右肩上がりに推移しています。

ピンク:USDJPY

緑:EURUSD

青:GBPUSD

黄色:NZDUSD

赤:AUDUSD


注目していただきたいのは2016年11月以降ですが、それまで1番手ぐらいに成績のよかった「AUDUSD」と、1番成績の低かった「USDJPY」がクロスして入れ替わっています。



(2016/11.4以降のデータ)


AUDUSDが顕著ですが、これこそが、ひとつの通貨ペアで同じロジックでトレードを続ける「通貨リスク」になります。

最初のうちにドル円があまりよくないからとひとつだけ外していたら、AUDUSDの損失をここまでカバーできたかわかりません。

また、それまではAUDUSDは成績が良かったので、これだけで稼働していたら大きな損失に落胆していたでしょう。


通貨ペア別で見ると成績はいつも平均的ではないですが、これが全て合わさることでお互いの利益と損失を補填しあい、コツコツと利益を積み上げて右肩上がりの損益曲線になるんですね。



■通貨別Pips損益比較

より詳しく分析したい方のために、通貨ペア毎のPips損益をまとめてみました。



V1.3になって平均獲得Pipsが増え、平均損失Pipsが減っているのがわかりますね!

各通貨ペアのTP、SLはBUY、SELLでそれぞれ異なるPipsに設定されており、

トレーリングストップを使うので獲得Pipsにはばらつきがあります。


上の表をグラフにするとこんな感じです。




【オマケ】

固定ロットと複利運用、どちらが良い?


MB-Trading Systemには「複利運用」のMM機能もついています。

MMのRisk値設定によってもちろんドローダウンと利益に差が出てきます。


バックテストが1通貨ペアごとしかできませんので、USDJPYだけを例にしてみます。


<2015.01.01-2017.01.07での2年間の比較>

【単利ロット固定0.1】

最大DD 402.73$    純利益 836$


【MM True Risk 5の場合】

最大DD 297.53$ 純利益 499.35


【MM True Risk 10の場合】

最大DD 556.44$  純利益 1010.29


複利の場合ですとRisk5で口座資金の3%程度、Risk10で5%程度の最大ドローダウンでしたので、

これを5通貨ペアで運用するとなると単純にRisk5で15%、Risk10で25%程度になる計算です。

(正確な数値を計算する場合は5通貨ペア全てでバックテストする必要があります)

Risk10程度であれば、無理なく運用を続けられ、ロット数変更の手間が省けますね!



■100本まではお値段据え置き!

ドローダウンも低く、毎日のようにちゃりんちゃりんトレードをしてくれるMB-Trading System。

コツコツすぎて目立たなかったのか、まだ販売数が100本に届いてませんでした!


2年の安心フォワードつき、右肩上がりランキング1位を記念して100本達成で値上げとなります

0.5Lot運用の場合の月間見込み利益は10万円以上!

お早目にどうぞ!


fx-onによる2年間運用で安定収益を実証済み!!!
MB-TradingSystem
MB-TradingSystem | fx-on.com

 カテゴリ
 タグ