米軍、シリアへミサイル攻撃。米長期金利を指針に。 志摩 力男氏



志摩力男の実戦リアルトレード

志摩力男の実戦リアルトレード



配信日:2017/04/07 12:20

シリア情勢は、ほとんどアサド政権側が勝ちそうなところでした。トランプ大統領はオバマ政権のシリア政策を批判し、ロシアと協力してアサド支配の現実を認めるという方針でしたが、これが瞬時にして変わったので、トランプ外交が次どうなるのか、よくわからくなってます。米中会談を前に、「米国は単独でも行動する」というところを見せたかったのでしょうか。

米軍のシリア攻撃に、マーケットは一様にリスクオフモード、韓国ウォン、ロシアルーブル、トルコリラ等、関係する新興国通貨が売られてます。ロシアとの関係改善がありそうなので、私自身、今年はルーブルロングは有望かなと言ってたので、ちょっと困ったなと思ってます。しかし、一番反応しているのが「円」です。

ちょっと、過剰反応かなとも思います。No.1生保が110円手前を買っているとのマーケットの観測もあります。この110円前後は非常に固く、昨年の100円近辺の攻防を思い出させます。ほとぼりが冷めた所で、反発しているかもしれません。

ただ、この先、ちょっと読めない展開になってきたので、米長期金利を指標にしながら、ドル円はトレードしていくしかないかなと思います。2.30%がしっかり割れて、2.25,そして2.00%方向となれば、やはりドル円は重くなります。米長期金利に注目でしょう。

志摩力男の実戦リアルトレード

志摩力男の実戦リアルトレード




北朝鮮とシリアの優先順位と相場との関係 滝澤 伯文 氏



TAKIZAWAシカゴ・レター/今日の視点・明日の視点

TAKIZAWAシカゴ・レター/今日の視点・明日の視点



配信日:2017/04/07 05:32

トランプの発言は
1)北朝鮮を単独で攻める準備をすべき。
2)アサドには鉄槌を下すべき。
あたかも1)と2)を同時にやるかのような勢い。

ただし、1)は中国がやらないならと言う条件があり、
2)は、トランプは議会にまだシリアへ攻撃の宣言をしていない。

市場では、1)と2)が同時に起きるのか。
どちらかが先に起こるのか。
結局どちらも起きないないのか。
全く読めないでいる状態。

個人的には、
シリアとの戦争なら 株買い・債券売り。
北朝鮮に攻め込めば、株売り・債券買い。
同時に二つやれば、 株は買われ、その後暴落 債券は暴落。

のイメージ。

慣例では、予告なしで北への単独攻撃は可能、(テロ排除の名目)
ただしシリアは、イラク撤退後、(戦争終結宣言)
2012年のプレッシャーで、オバマは特殊部隊を派遣。(戦争再開ではなく援護)
公式には空爆だけは再開した。
ならばシリアを攻める場合はそれなりの議会への宣言が先になるはず。

トランプが選挙中でシリア問題でヒラリーの失態を攻撃したのは本音。
よって元々のトランプの意向は、ロシアとの関係を維持し(シリアには攻め込まない)
最初に中国とのDEALを優先する予定だったはず。

しかし金正男暗殺以後、北朝鮮が手に負えなくなり
中国との何らかの共同作業で金ジョンウン排除の動きが加速した。
そしてまさに北を攻める可能性が高まったタイミングでロシアでテロ。
イラクでサリンが起きた。

あのロンポールが、アメリカ人でありながら
本日軍事的に圧倒的優位に立つアサドがサリンを撒く必要はないと断言している。
(彼はリバタリアンとして2003年のイラク戦線に反対した共和党下院議員)

全くそのとおり。
どうしてもアメリカをイランとロシア(ウクライナ)との戦争に巻き込みたい勢力。
彼らがトランプが北朝鮮に没頭する前に行動を起こしたと個人的にはみている。

ではトランプはどうするか。

直近でのクリシュナー夫妻の昇格とバノンの降格(表向き)、
さらにテイルソンの言動から、”北”は中国に主導権をとらせ
一旦はプーチンと縁を切っても、シリアを優先する可能性が一番高いと考える。

それは本位ではないが
今の議会勢力との交渉の中では妥協せざるを得ない状況だ。

このこととFEDがインフレ対策を急いだのは無関係ではないと思う。
アメリカが戦争宣言でシリアを攻めるなら、オイルは上がる。
膨大なバランスシートからの過剰な流動性がインフレを起こせば
利上げでは間に合わない、、

本日CNBCのリースマンは、
6月と9月に予定通り利上げ。
秋からバランスシート削減に着手。
同時に利上げを終える。
そしてイエレンはそのまま退任という。
一つのシナリオを紹介していた。

後2回の利上げとバランスシート削減の実行性は
今後の相場が決めること。

しかしGSのヤンハチスといい、このリースマンといい、
裏の話を解説しないまま急に「イエレンは退任」の方向に傾いている、

ところがNY連銀の債券デスク担当者には
バランスシート削減は寝耳に水だという。

ならばこれらの話は、ワシントンの政治模様の中で
急にその方向性になったということだろう。

ラッカーが総裁だったリッチモンドは
実質ワシントンDCの領域。ということは、

)ラッカーの辞任
)唐突なバランスシート削減
)イエレン退任へ流れ

根っこで繋がなり、
さらに前述の急転する国際情勢がその背景にある可能性。

いずれにしても、バランスシート削減は本来なら長期金利上昇要因。
首脳会談と雇用統計を無事やり過ごし、
アルゴがこれまでどうり金利上昇を好感すれば、
支離滅裂のまま、株インデックスは再びUPTICK。


TAKIZAWAシカゴ・レター/今日の視点・明日の視点

TAKIZAWAシカゴ・レター/今日の視点・明日の視点



 カテゴリ
 タグ