★的確なエントリ方向を指示、レート大進行サイン(ゾーンサイン)を搭載 MTFトレンドマーカー★ 



【商品概要】
 ★現在トレンドと優位性が一目瞭然、レート大進行サイン(CCIゾーンサイン)も表示 MTFトレンドマーカー★ 

【更新情報】
2016/05/30
@ レスポンス改善
A レート大進行強サインを表示、サインが発生すると数10PIPS
  は最低でも進行する強サイン(CCIゾーンサイン)を表示。 
B 的確なエントリ方向をメッセージ表示、日足をベースに判断し、
  日足で判断できなければ、下位時間足を下り判定、強サイン発生時
  のラインブレイクアウトも表示


【更新情報】
・スネークトレンド表示部の日本語表示を簡易表示に変更(数値表示を廃止)
 (実際に見てもあまり参考にならないので廃止)
・レンジというのを中止して「サポートブレイク、レジストブレイク」に変更

■追加、補助サインを表示、マーカー下部に現在の通貨と各時間足のRCI、Snake、CCI
の状態をシステムが総合判断したトレンドを表示します。ロンドン時間、NY時間の
ボラティリティが上がる時間帯はかなり信憑性が高いサインです。

サインの種類はBUY,BUY(STRONG),SELL,SELL(STRONG),RANGEの5種類で
グリーン表示で買い方向、レッド表示で売り方向、ホワイト表示でレンジです。
トレンド表示中は明らかにその方向にレート進行しますので、逆張りをする場合は
、レンジの状態に移行してからのほうが望ましいです。

★的確なエントリ方向を指示、レート大進行サイン(ゾーンサイン)を搭載 MTFトレンドマーカー★ 



海外FXキャッシュバックお勧めサイト


海外FXキャッシュバックの老舗
ファイナルキャッシュバック



キャッシュバック率が高いTariTali
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)


MT4インジケーターについて


インジケーターとはMT4のチャートに蓄積された、
過去相場の価格情報をそれぞれのインジケーター固有の計算方法で出された結果を、
チャート上に矢印などで表示させるエントリーの指針的なものと、
チャートの値幅を表示させたり、
ローソク足の残り時間を表示させるなど、
トレードの補助的なものの2種類に大別されます。


インストール方法


・MT4を起動し、「ファイル」メニューから「データフォルダを開く」を実行します。

・インジケーターファイルを、「MQL4」フォルダの中の「Indicators」フォルダの中にコピーします。

・ナビゲーターパネル上で右クリックし、「更新」をします。(MT4の再起動で可能)

・インディケータの中から該当インジを見つけ、チャート上にドラッグ&ドロップします。

・必要に応じ、パラメーターの調整を行って下さい。


チャートから削除する方法


・インジケーターをセットしているチャート上で右クリックをします。

・表示中のインディケータから削除をします。


 カテゴリ
 タグ