スキャルピング用EA
SpeedScalpingEx
SpeedScalpingEx | fx-on.com


【Speed scalping 概要】

通貨ペア:[USD/JPY]

取引スタイル:[デイトレード][スキャルピング]

最大ポジション数:2(買い最大1、売り最大1)

運用タイプ:複利運用

使用時間足:M15

最大ストップロス:36

テイクプロフィット:300(値設定可能、0に設定すると300とする)


【パラメータ説明】

1.compound_interes:trueで複利運用、Margin_maintenance_rateの値から計算したロット数でエントリー。

(例Margin_maintenance_rate=2.0:証拠金維持率=200%で計算したロット数)

  compound_interes:falseで通常運用。Lotsで指定したロット数でエントリー。


2.ストップロスは設定した最大(Stop_Loss_Max)と最小(Stop_Loss)の間で自動で設定。

固定にする場合は、Stop_Loss_Max とStop_Lossを同じ値(PIPS)にします。

ロジックでStop_Lossの値で損切することがあります。


3.TrailingYN:trueでトレーリングストップモード。

含み益がTrailing_Startの値(PIPS)を超えるとストップロスをTrailing_Stopの値(PIPS)だけ下に設定。

TrailingYN:falseで非トレーリングストップモード。TakeProfitを適切な値に設定。


4.MaxSpread:スプレッドが設定値(ポイント)より大きいときはエントリーしません。


5.WaitMinits:決済後一定時間エントリーさせない時間を分単位で設定(例WaitMinits=0.5:決済後30秒間エントリーしない)



まだフォワード期間も短く、ドローダウン中ですがバックテストから可能性を感じてより詳しく

調べてみようと思ったEAです!


■バックテスト:半年で90%増

公式バックテストは半年間のものしかありません。

スキャルピングなのでバックテストに長時間かかるということと、fx-onバックテストのアップロード容量制限のために期間が短くなっています。

直近半年間のバックテストデータはこちら



2017年3月〜9月までの6か月間、1000ドルからMM=True、スプレッド5にてバックテストした結果は

1000ドル⇒1965ドル(純益965ドル)となりました。

半年で+100%近く増加というのは素晴らしいですね。

ドローダウンは、複利なので相対ドローダウンを見ますが、23%と許容範囲です。


■4年のバックテストを公開!


もっと長い期間のバックテストが見たい!と思い、実施してみました。

それでもかなり重たかったので、4年分しかできませんでした・・・



利益額は4年で+500%増と素晴らしいですが、相対ドローダウンがちょっとエグイですね(^^;

破綻はしていないのでドローダウンが我慢できれば数年で資産数倍は見込めます!


もう少し詳しく見ていきましょう


【月別損益】

2014年は停滞が続きました。この年に当たってしまうとめげてしまうかもしれませんが、その他の年は順調に増えていっています。

100万円に対しての利益/損の額が大きいのが特徴です。初月から+30%増、20%増、50%増とどんどん増えていっています。




年間トレード回数1000回以上、

平均勝ちpips 6pips、平均負けpips-22pips 

となっています。

スキャルピングにありがちなスプレッド負けというのは、あまり気にしなくていいかもしれません。


良ければ数か月で資産100%増にすぐなり、

最悪な年に当たってしまっても、2年運用すれば+100%増が見込めるかもしれないEAです!


スキャルピング用EA
SpeedScalpingEx
SpeedScalpingEx | fx-on.com


 カテゴリ
 タグ